LADA NIVA

2021年1月24日

自動車の輸入で厄介なのは排ガス試験。特に最近は年々排ガス規制が厳しくなっていて、大手メーカーですら厳しい規制が壁となり、今まで販売していたモデルの生産終了を余儀なくされたケースもあります。

LADA NIVAも1977年から販売が続いているので古典的な車と言えますが、意外や意外、こんなご時世でも排ガス試験の成績は優秀です。外観はレトロですが、UAZのブハンカやハンターと同じように中身は進化している証拠です。

LADA NIVAで少しややこしいのは、NIVAのネーム


こちらは一般的にLADA NIVAと呼ばれていて日本国内で一番多く輸入されているLADAです。去年まではLADA NIVAではなくLADA 4×4の名前で販売されていました。これはゼネラルモーターズ(GM)との合弁会社、GMアフトワズで生産されていた時代にNIVAの名前をGMに譲渡していたからだそうです。2019年にはGMが合弁会社株式を売却し、今はルノー・日産・三菱アライアンスの傘下になりました。今年からLADA 4×4からLADA NIVA Legendに改名されています。

LADA NIVA Legendは5ドアモデルはオフロード走行に適していないらしく今年で生産終了になるそうです。3ドアは今の所2026年頃までは生産される計画になっています。

 


今LADA NIVAの名前で販売されているモデルがこちら。GM NIVAの名残が色濃いモデルです。

 


こちらはLADA NIVA Travel。GMアフトワズからLada Zapad Togliattiに社名変更され、Lada Zapad Togliattiで生産されるニューモデルです。

 

今後のLADAは

NIVA LEGENDは2026年頃まで生産される予定ですが、LEGEND以外の気になる情報からも目が話せません。

こちらはコンセプトですが、2023年頃から生産が開始するとの噂も。


まだ詳細は見えていませんが、同じグループ内のDACIAとの新部門創設の話もあるらしく、今DACIAで注目されているEV車のスプリング・エレクトリックのような進化版NIVAが2025年頃に登場するかもしれません。

ご興味ございましたらお気軽にお問い合わせください。

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    電話番号(必須)

    ご住所(必須)

    お問い合わせ車名 (必須)

    ご希望の装備・仕様 (必須)

    お問い合わせ内容 (必須)
    ※見積をご希望の方は、できる限り詳しくご希望条件、ご購入時期等をご記入下さい。

    ご興味ございましたらお気軽にお問い合わせください。

      お名前 (必須)

      メールアドレス (必須)

      電話番号(必須)

      ご住所(必須)

      お問い合わせ車名 (必須)

      ご希望の装備・仕様 (必須)

      お問い合わせ内容 (必須)
      ※見積をご希望の方は、できる限り詳しくご希望条件、ご購入時期等をご記入下さい。

      UAZ:JAPAN Distributor
      弊社はワズの日本代理店です。
      https://uaz.riesen.co.jp/gd

      052-774-6151
      auto@riesen.co.jp

      サービス工場Blog
      車検、点検、整備のあれこれを毎日更新!
      熟練のメカニックの匠の技をご覧になれます。