AlfaRomeo Giulia Quadrifoglio 2.9T 納車前に写真撮影

2016年12月25日

img_0001
納車したAlfaRomeo Giulia Quadrifoglio 2.9T 。せっかくなので納車前に写真を撮ってみました。

img_0002
納車したGiuliaのブレーキはオプションのセラミックコンポジット・ブレーキを装備。カーボン素材が少し見えます。ディスクはかなりの大きさです。

img_0003
フロントは6ポッド、リアは4ポッド

img_0005 img_0007
カーボンステアリング、プッシュスタートエンジン、

img_0004
Alfa Romeo D.N.A.、そしてRACE。RACEモードに入れると制御系がOFFに

img_0008
ちらっとシートカバーをめくってシートの下部を撮影

img_0016
これが噂のフロントスポイラー。ぶつけて壊したらヤバイです!

0:05位

リフトアップしてアンダーの写真も撮影しました
img_0012 img_0011 img_0018
大きなミッション、重量バランス(50:50)を考えてミッションとエンジンはかなり後ろの方に設置。頑丈そうなブレースプレートで補強されています。

img_0023
510馬力を伝達するプロペラシャフト、ふ、太い!

img_0013 img_0020
気流を整流する工夫がされています


弊社のGiulia Quadrifoglioの車両本体価格は6MTが9,207,000円、8ATが9,423,000円です。確かに高額ではありますが、車両のスペックだけを見るとかなりコストパフォーマンスが良いと感じました。実車を見るまではどんな品質か少し不安でしたが、期待以上に素晴らしく、アルファロメオの本気を感じることができました。昔のハイスペックな自動車は操作に癖があったり挙動が神経質だったりしましたが、良い意味でそんな要素が取り入れられています。ここ最近のアルファロメオはドイツ車寄りになっていましたが、Giulia Quadrifoglioにはドイツ車には無い魅力に溢れた車です。


Categorised in:

This post was written by auto_riesen